キャッシングガイド

キャッシングについて

キャッシングとは

キャッシングとは、契約に基づいて、決められた金額の範囲内でお金を繰り返し借りることが可能なシステムのこと。多くの場合が担保なし、保証なしで可能でしょう。俗にカードローンと言われたりします。
しかし、個人の信用を一番頼りに融資していますから、借りる人の信用度によって限度額というものは個人差がつくでしょう。
キャッシングカード、又はクレジットカードでも同じ事が言えますが、キャッシングする際の限度額というものが、契約した際に設定されます。そして、その限度額内で何度でもお金を借りる事が出来るのです。
仮に、限度額が100万円の契約の場合、100万円までキャッシングした後は、借りることは出来ず、返済を続けて借りたお金の残高が70万円になった時、再度30万円までのキャッシングが可能になります。
返済期限を遅れずにしっかりと行っていれば、限度額内で何回でもキャッシングが出来るというわけなのです。またショッピング枠を利用した現金化開始サービスもあります。ショッピング枠を利用して商品を購入すればキャッシュバックといった現金化システムなので、カードを持つなら現金化を利用するのも良いでしょう。

キャッシング時の利息について

キャッシング時の利息については、公的金融機関、また銀行などの利息と比べて比較的高くなります。なぜなら、担保や保証人が不要になりますから、どうしても高めの設定になってしまうのです。
各金融会社が決定する利率には、出資法という法律によってその上限が定められています。現行法では、最高29.2%までとなっております。もちろん、各金融会社はこの上限の範囲の中で利息を設定しています。仮に、それ以上の利率で融資を実行した場合はその金融会社は法に触れますから警察に捕まることになります。また、金融会社の利息というものは、借入をする金額、また、審査等によって金利が異なってきます。
一般的に利息は日割りで計算されています。ですから、借りた金額とその期間に応じた利息が発生していきます。以前に比べると、現在は低金利の時代と言われていますので、利息も比較的低く、利用しやすいと言えるでしょう。 驚くことに、一昔の約20年位まえのキャッシングの利率はなんと109.5%もあったのです。
現在は、法律で金利が引き下げられ29.2%までになりましたが、さらにあと約3年後に最高金利20%以下に引き下げることが法律で決定していますからますます活用しやすくなるでしょう。


キャッシングの利息計算時の決まり事

まず、一つ目のルールとして、消費者は、融資を受けた元金にのみ利息を支払うということになります。
時々、勘違いをしている人を見かけますが、キャッシングをした利息にプラスして利息がついていると思っている人がいるようですが、この場合、法律違反になります。 利息に利息を付けることを「重利」といい貸金業では禁止行為とされています。皆さんも、元金にのみ利息を付けることはできないということを頭に入れておきましょう。

そして二つ目のルールとして、利息はキャッシングを利用した日数分だけしか発生しない際に月々2万円を10回で返済する契約だからといって、早めに完済してもその残りの利息全部を支払わなければいけないと思っている人が少なくありません。いくら契約書が毎月2万円の10回払いだからといっても、その全部を支払う必要はないのです。あくまでも利用した日数分だけの利息しか金融会社はとることが出来ないのです。ですから早めに完済すれば早ければ早い程、支払う利息は少なくなることになります。

Valuable information

f.o.kidsの販売
http://item.rakuten.co.jp/lyckatill/c/0000000151/
プリザーブドフラワー アレンジ
http://bv-flower.com/
鍵 交換
http://www.psjapan.com/
Tシャツ 作成
https://shop-resart.com/
パワーストーン ビーズ
http://www.purestone.jp/

最終更新日:2016/10/25

Copyright (C) 2008 Cashing Guide. All rights reserved.